日本のサウナは間違って広まった?|林先生の初耳学より

日本のサウナは間違って広まった?

スポンサーリンク




サウナフリーク

サウナが苦手な人「暑い」「息苦しい」・・・って声よく聞きますよね。

実はそんなイメージを持つ人が多いのには・・・。

ある原因が。

それは、日本のサウナは・・・間違って広まった。

日本のカラカラなサウナ、玄人は喜ぶのだが・・・。

サウナの本番フィンランド・サウナとは違う。

さぁ林先生ご存知でしょうか?それとも初耳?

林先生は分かりませんでした。

実は日本のサウナは間違って広まった。

使う側とお店側両者の勉強不足。

サウナが日本に広まったのは1964年東京オリンピック。

フィンランドの選手がサウナを持ち込みニュースになった。

それから徐々に日本でサウナが増加した。

しかし、この時大問題が。

スポンサーリンク





それが・・・サウナの魂、ロウリュ

熱した石に水をかけ発生させた蒸気で体を温める。

湿度によって発汗を促す。温度は75〜85℃が主流。

心地良い暑さ。

日本では最初はロウリュの使い方が分からなかった。

酔っぱらいのお客さんが水をかけすぎて火傷したり・・・。

お店側もサウナを分かっていなかった。

利用者の安全を守るためにロウリュをやめた。

そのため空気がカラカラで約100℃ととにかく暑くするサウナが日本に定着。
  

日本でサウナが間違って広まったのはロウリュの使い方が分からなかったから。

  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

コメントを残す


CAPTCHA