バスケットゴールにバックボードがついているのはなぜ?|チコちゃんより

バスケットゴールにバックボードがついているのはなぜ?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

観客が邪魔をするのを防ぐため~

バスケットボールが誕生したのは、1891年のことで、今のようなバスケットボードはなかった。

当時はゴールには木の樽のようなものがついていた。

バスケットボールを考案したのは、アメリカのスプリングフィールド大学の体育教師、ジェイムズ・ネイスミス。

冬に体育館で行う球技を考えていた際、たまたま体育倉庫にあったサッカーボールと樽のカゴを使うことに。

カゴは体育館の2階部分の手すりに取り付けられました。

10フィートのいう高さが、現在もバスケットゴールの高さとして残っています。

競技名は「ピーチバスケット」と「ボール」を使ったので、「バスケットボール」と名付けられました。

当初は手すりにカゴをつけただけ。

なぜ付いたのでしょうか?

観客の妨害をなくすため。

シュートしたボールを邪魔するというので、ボードをつけた。

ボードはない頃、2階で興奮しながら応援する観客が敵のチームのシュートを妨害するという事態に。

この邪魔を防ぐため、バッグボードが取りつけられた。

バスケットボール誕生当時のルールはドリブル禁止。

許されていたのはパスのみ。

パスだけでつなぎシュート。

カゴにボールが残らなければノーゴール。

スポンサーリンク





一回入ったら、そのたびにハシゴなどを持ってきてボールを取り出し係がボールを出して、試合を再開する。

一回一回ハシゴを掛けて取り出していた。

その後バックボードが取り付けられ、このバッグボードが思わぬ副産物を生みます。

それが、華麗なシュート。バッグボードを使ったスーパーシュート。

観客の妨害を防ぐためにつけられたバッグボードが結果として、観客が熱狂する技を生みバスケットボールを、更なる人気スポーツへと押し上げたのです。

  

ということで・・・
バスケットゴールにバックボードがついているのはなぜ?

観客が邪魔をするのを防ぐため~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!
お名前.com


コメントを残す


CAPTCHA