ハンバーグの「空気抜き」は何のためにやっているのか?|林先生の初耳学より

ハンバーグの「空気抜き」は何のためにやっているのか?|林先生の初耳学より

ハンバーグの「空気抜き」は何のためにやっているのか?

スポンサーリンク




ハンバーグフリーク

俳優 笠原秀幸さん

ハンバーグを作る際に行う通称「空気抜き」と呼ばれる作業。

実はこれほぼ空気は抜けていない・・・
では、なんのためにやっているのか?

さぁ林先生ご存知でしたか?

林先生は分かりませんでした。

答えは空気を抜くのではなく空気を散らしていた。

ハンバーグを焼いた時に中に入った空気の膨張。

叩いて中の空気を細かく散らすことで気泡が分散しハンバーグが割れにくくなる。なので空気を抜いているわけではないんですが・・・。

割れにくいハンバーグ作りに必要な工程。
  

ちなみに
ハンバーグの最高の合挽きは?
「牛7:豚3」

最高の焼き方は?
「IJOC」
Inside Juicy Outside Crispy
中はジューシー外はカリカリ

スポンサーリンク





ハンバーグに革命を起こした2020年のレトルト界最強ハンバーグ

たった2分でプロの味

日本ハム
極み焼ハンバーグステーキ
410円+税参考価格

お店の焼き方の再現にこだわりまくっている。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!