イタリア料理にトマトが欠かせないのはなぜ?|チコちゃんより

イタリア料理にトマトが欠かせないのはなぜ?|チコちゃんより

イタリア料理にトマトが欠かせないのはなぜ?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

庭師が腹ペコだったから~

実はトマトは南米のアンデス山脈からメキシコなど、中央アメリカに広まっていきました。

1523年メキシコを征服したスペイン艦隊によってトマトがヨーロッパへ。

当時のトマトは現代のものと比べ、小さく直径は4㎝ほど。

そしてトマトは当時スペイン領であったイタリア都市、ナポリにも伝わります。

当時はイタリアでトマトを食べている人は全くいなかった。

ヨーロッパの人々に恐れられている植物「マンドレイク」が原因。

毒性が強く食べると幻覚などを起こし、場合によっては死に至る危険な植物。

このマンドレイクがトマトと同じナス科の植物だったことから、トマトも有毒で危険な「悪魔の実」だと思われて口にすることはなかったんです。

しかしトマトは赤や黄色と色鮮やかだったため、富裕層の間で鑑賞用として重宝された。

ではなぜトマトがイタリア料理に欠かせなくなったのか?

スポンサーリンク





それは腹ペコだった庭師さんのおかげ。

スペインに支配されていた当時のナポリは税金が高く、庶民は食べ物をまともに買えない生活でした。

お腹すいた庭師は、庭の手入れをしていると、毒があると思われ観賞用として植えられたトマト。

空腹に耐えきれずトマトを食べた。

庭師がトマトを持ち帰り育てて食べ始めた。

しかし、当時のトマトは皮が硬く生のままでは食べにくいものでした。

そこでイタリア人は品種改良を繰り返し、実が柔らかく水分を多く含んだトマトを作り上げた。

更にナポリがあるイタリア南部はトマト栽培に適した、温暖な気候だったため各地にトマト作りが広がり、イタリア料理に欠かせない食べ物になった。

しかし、生で食べるのはにほんだけかも。

トマトを甘く作っているのは日本だけのようだ。

  

ということで・・・
イタリア料理にトマトが欠かせないのはなぜ?

庭師が腹ペコだったから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!
お名前.com