鼻に水が入ると痛い?|チコちゃんより

鼻に水が入ると痛い?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

塩分が0.9%じゃないから~

まず水には鼻に入ると痛い水と痛くない水があります。

そこに大きくかかわっているのが塩分濃度なんです。

人体の6割が水分。

その体液には私たちの体に不可欠なのは塩分。

その体液中の塩分濃度が0.9%になります。

塩分濃度の違う水➡痛み

シャワーの水➡塩分濃度0%

プールの水➡塩分0.1%

どちらも人間の体液より0.9%よりも塩分濃度が低い水なので、鼻が痛くなるのです。

塩分濃度が0.9%よりも濃い塩分の水分が入りますと、粘膜細胞の付近にある神経細胞に触れます。

鼻の粘膜にある神経細胞は細胞膜で覆われていまして、その細胞膜は「半透膜」という性質を持ちます。

体液と外部からの水を同じ高さにしようとする。

細胞は水を取り込み膨らむ。

その時細胞膜にある感覚センサーが「痛い」という危険信号を脳に伝えます。

感覚センサーをTRPA1(トリップエーワン)といいます。

「TRPA1」は細胞膜の表面にあり、細胞が水を含むことで膨らんだときに「TRPA1」も同時に開き、反応を起こします。

その反応が「痛み」として伝わることで鼻が痛いと感じているというのです。

細胞は膨らみすぎると破裂➡防ぐために痛みを感知する

目に水が入ると痛い➡「TRPA1」の働き

鼻水の塩分濃度=約0.9%➡「TRPA1」が反応しない

  

ということで・・・
鼻に水が入ると痛い?

塩分が0.9%じゃないから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!
お名前.com


コメントを残す


CAPTCHA