なぜ草食動物は草しか食べないのに筋肉モリモリ?|チコちゃんより

なぜ草食動物は草しか食べないのに筋肉モリモリ?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

体内に大量の微生物がいるから~

筋肉を作るのはアミノ酸が必要。

筋肉を作るアミノ酸と筋肉を作れないアミノ酸の大きく分けて2種類あります。

このうち筋肉を作るアミノ酸は草にはあまり含まれていない。

ではなぜ草食動物は筋肉モリモリ?

それは体内にいる大量の微生物のおかげ。

例えばウシの体には4つ胃がある。

食べたあとはまず1番目の部分で微生物が大量に住んでいて草を分解、アミノ酸を作ります。

胃の中に住んでいる微生物はその体内で草を分解し「筋肉を作れないアミノ酸」を「筋肉を作るアミノ酸」に変えます。

そして草をエサに微生物はどんどん数を増やし2番目、3番目の胃を通り4番目の胃へ。

4番目の胃で微生物を消化。

微生物(筋肉を作るアミノ酸)を増やし消化・吸収→筋肉を作る。

ほぼ肉を食べているのと同じ。

スポンサーリンク





ウジ・キリン・シカ・ラクダなど
微生物=胃で消化→アミノ酸を吸収➡筋肉

ウマ・サイ・ゴリラなど
微生物を胃で消化してアミノ酸を摂取するのではなく、草に含まれる僅かなアミノ酸を大量に摂取することで、大量の微生物が食べた草をエネルギーに変え、そのエネルギーのおかげで、大量に食べることができる。

その結果わずかな筋肉を作るアミノ酸を沢山摂取できる。

つまり草食動物は体内にいる大量の微生物のおかげで、草からアミノ酸やエネルギー源を効率よく摂取し、筋肉モリモリになっていると言えます。

  

ということで・・・
なぜ草食動物は草しか食べないのに筋肉モリモリ?

体内に大量の微生物がいるから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!
お名前.com


コメントを残す


CAPTCHA