なんで中国料理は回転テーブルで食べる?|チコちゃんより

なんで中国料理は回転テーブルで食べる?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

チップの習慣が日本に根付かなかったから~

回転テーブルは中国ではなく日本で作られた。

中国での食事の座順➡回転テーブルは生まれない

中国では食事の時、偉い人から順に時計の12時の位置に座り、2時の位置に2番目に偉い人、10時の位置に3番目に偉い人というように座っていきます。

料理を取り分けるのもこの順番。

なぜ日本で生まれた?

それは文明開化。

江戸時代が終わり明治時代になると、西洋をはじめとする海外の文化や生活習慣が入ってきました。

その時に食文化、ファッションなどと一緒に入ってきたのが、日本にはなかった「チップ」という異文化なんです。

チップ→サービスに対して支払うお金

中国料理は大皿で出されるため、従業員が小皿に取り分けるのが一般的。

その際にチップを払っていたといいます。

チップ→当時の社会問題に!

チップでお金がもらえているからいいだろうということで、従業員に給料を支払わないお店が出てきてしまった。

スポンサーリンク





昭和5年の昭和恐慌で日本も不景気に突入。

飲食店は依然としてチップをあてにした経営。

チップを払っていた客の不満が高まり、新聞や雑誌でチップ廃止の声。

そんな中、チップ不要を売りにするお店が出てくるようになった。

チップをもらう店→客足が遠のく

しかし、大皿料理が中心の中国料理店では、チップを廃止して従業員がいなくなると、お客さんが自分で料理を取り分けなければなりません。

これを解消するために生まれたのが回転テーブルだったと。

大皿が載ったテーブル自体が回れば、お客さんは自分で座ったまま料理を取ることができる。

そのため日本で回転テーブルが生まれた。

  

ということで・・・
なんで中国料理は回転テーブルで食べる?

チップの習慣が日本に根付かなかったから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!
お名前.com


コメントを残す


CAPTCHA