歴史上最大級のシンデレラストーリー【UK】|林先生の初耳学

歴史上最大級のシンデレラストーリー【UK】|林先生の初耳学

歴史上最大級のシンデレラストーリー【UK】

スポンサーリンク




デヴィ夫人から出題

歴史上最大級のシンデレラ・ストーリーがあります。

今のイギリス(UK)があるのは・・・

王妃と召使いの禁断の恋仲がきっかけ

さぁ林先生そのお話ご存知でしたでしょうか?

それとも初耳?

林先生は分かりませんでした。

王妃と召使いの禁断の恋とは?

現在のイギリス(UK)は4つの地域で構成

イングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズだ。

実は王妃と召使いが勝手に子供を作ったことがイギリス構成の土台となったんです。

それは今からおよそ600年前の話。

当時のイングランド王妃キャサリンは早くに夫をなくした未亡人でした。

そこで・・・

召使いとして働いていたオーウェンにはウェールズ人の血が流れており、イングランド王妃とウェールズ人の恋愛は当時イングランドに併合されてウェールズは独立するための反乱の動きがあり、良好な関係ではなかった。

当然2人の恋仲についてはイングランド王室は大反対。

それでも諦めきれない2人はなんと・・・

勝手に婚姻関係を結び4人の子供を授かる。

このとき生まれた子供の1人エドマンドの息子オーウェンの孫が後のイングランド王。

ヘンリー7世になるんです。

スポンサーリンク





その結果イングランドとウェールズ、2つの血筋を持つ国王が誕生。

さらにオーウェンのひ孫、ヘンリー7世の娘がスコットランド王に嫁ぎイギリスの形成に大きく影響したといわれています。

初耳ポイント
イングランド王妃とウェールズ人の召使い2人の血を受け継いだ子孫たちにより3つの地域が繋がり後に北アイルランドを加えた今のイギリスの土台を築く

オーウェンのシンデレラ・ストーリーがなければ今のイギリスにはなっていないかも。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!