クラシック界からみたスゴイJ-POP|関ジャムより

関ジャム

クラシック界からみたスゴイJ-POP

スポンサーリンク




  

クラシックのプロがスゴイというJ-POP

クラシック界から
清塚信也
彌勒忠史

彌勒忠史が選んだスゴイJ-POP①

MISIA
「つつみ込むように」

①イントロの超ハイトーンボイス
②余裕すら感じる高音の地声
③歌の表現を豊かにする裏声

彌勒忠史が選んだスゴイJ-POP②

久保田利伸
「流星のサドル」

①日本人離れしたリズム感
②ファンクやR&Bを完璧に歌いこなす
③大物シンガーKのファンクナンバー

彌勒忠史が選んだスゴイJ-POP③

矢野顕子
「サッちゃん」

①オペラのルーツ「語り歌い」
②絶妙な即興表現

彌勒忠史が選んだスゴイJ-POP④

元ちとせ
「ワダツミの木」

①ポッブスとこぶしの融合
②シンプルな楽曲が激変!

清塚信也の選曲とは?

清塚信也が選んだスゴイJ-POP①

Official髭男dism
「LADY」

①Aメロ 美しいピアノの音色
②サビ シンプル過ぎるピアノの刻み

清塚信也が選んだスゴイJ-POP②

King Gnu
「白日」

①Aメロからサビのようなメロディー
②ピアノが醸し出す浮遊感

清塚信也が選んだスゴイJ-POP③

乃木坂46
「君の名は希望」

①あえてシンプルな和音でビアノ演奏
②清純派アイドルグループにマッチした音色

清塚信也が選んだスゴイJ-POP④

ゲスの極み乙女
「綺麗になってシティポップを歌おう」

①イントロのトレモロ
②サビのビアノ合いの手コーラス

クラシックのプロがスゴイというJ-POPでした。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

コメントを残す


CAPTCHA