疲れた心と体を快適にするオキシトシンの効果|あさイチより

バラエティー

疲れた心と体を快適にするオキシトシンの効果

スポンサーリンク




キスやハグなどをすると脳からオキシトシンと呼ばれるホルモンが出る。

そのオキシトシンが私たちの心と体にさまざまなよい影響をもたらす事がわかってきました。

オキシトシンがでると辛いストレスが軽くなったり体の痛みがすーっと和らいだりといった効果が期待できる。

全身のに痛みがあり歩くのも辛いほどだった人があることをたった10分しただけでラクに歩けるように・・・。

さらにオキシトシンは血圧にも影響を与えることが分かっています。

オキシトシンを取り入れたケアで血圧が平均10下がったという研究成果が報告されています。

さらにダイエットや美肌にも効果が期待できるという。

オキシトシンはどんな効果が期待できるか?

・ストレス
・痛み
・高血圧
・ダイエット
・美肌
・認知症
・安眠
・筋力
・愛情

スポンサーリンク





例えば美肌。オキシトシンが肌に直接届いて肌の活性化して美しさに繋がっていることが分かってきた。

オキシトシンには皮膚のもとになる幹細胞の動きを活性化する。傷の治りを早くしたり古い皮膚を新しく入れ替えたりします。

親しい人との電話をするだけでもオキシトシンが出てストレスが激減したという実験もあった。

抱き枕を触りながらの電話はスキンシップと誤解してくれてオキシトシンの量が2倍に増えたという研究もあるという。

さらに、オキシトシンが増えることによって他の人に優しくなれるのだという。

会話するとき相手の目を見ることでオキシトシンが増加するといいます。

相手の立場や気持ちを想像しながら話を聞くとさらに効果が上がるという。

あと、一緒にスポーツやゲームをするだけでオキシトシンが数10%UPすることがわかりました。

一人でもオキシトシンを増やすには?

映画や本で感動し、登場人物に共感することでもオキシトシンが増えるという。

さらにペットとのふれあい。研究によると犬と見つめ合ったとき飼い主のオキシトシンの量が3倍以上に増加したという。

そして血圧を下げたり、心臓の鼓動をゆっくりなめらかにしたり、消化の働きを緩やかにしたり体をリラックスに向ける。

オキシトシンを出すために大切なのは好きな人と楽しい時間を過ごすこと。

一番いいのはスキンシップとかじかにコミュニケーションするということ。

スウェーデンではオキシトシンに早くから注目していて医療に応用できないかさまざまな取り組みが行われているそうだ。

スポンサーリンク





タッチケア(触れるケア)

肌に触れるケアだが効果は?

オキシトシンは体の中で素晴らしい効果を見せてくれます。そのためタッチケアは病院ではがんや痛みのある患者への治療も行われているという。

ただタッチケアによって期待できるオキシトシンの効果はあくまでも症状の緩和であって病気が治るというわけではないということです。

わたしたちの体では痛みやストレスを感じると脳にある扁桃体という部分が興奮して不安や恐怖を感じます。

これが慢性の痛みなどさまざまな症状のあっかに深く関わっていることが分かってきたのです。

そんなとき人が優しく触れるとオキシトシンが現れて興奮している扁桃体を鎮めてくれるそうなんです。

そして痛みやストレスが改善すると考えられます。

オキシトシンには副交感神経を優位に働かせる機能があります。

これによって体がリラックスしてタッチケアによって生み出されたオキシトシンが心や体の痛みを和らげたのではないかと考えられます。

そのほかにもタッチケアによって認知症などにも大きな変化があった。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

コメントを残す


CAPTCHA