Adobe Muse の新規開発終了のお知らせに思う

Adobe Muse の新規開発終了のお知らせに思う

最近突然知ったAdobe Muse CCの新規開発終了の知らせにショックを受けたのは私だけではないだろう。

正に青天の霹靂であった。

そもそもAdobe Museとは、ブラウザー対応のWebサイトをコーディングなしで制作でき、ドラッグ&ドロップでコンポーネントを配置していくだけで本格的なWebページを制作できるのが特長のアプリケーションです。

ウェブ初心者の私にとって、Adobe InDesignと操作性が近いこともあり、長く印刷関係にいた私には使いやすいものでした。

Adobe illustratorのように直感的に配置できるのは、他にないため非常に残念です。

そしてこのサイトの一部もAdobe Museによって作られています。

Adobeは代替として挙げているものには、 Adobe Portfolio Adobe Spark Page  がありますが、デザインの自由さやウィジェットによるカスタマイズ性など、どう考えてもMuseの代わりとはならないと思うのです。

私などのように、趣味の範囲でMuseを使っているのはまだいいのですが、このMuse終了の問題で少数ではあるだろうけれども、Museを使って生活をたてている方達にしてみれば本当に大きな痛手を受けることだとおもいます。

そして、それに対してAdobeが正面から向き合っていないということだと思います。

是非Adobeには正しい対処のほどを願わずにはいられない。

しかし、今後Adobe XDのことはまだよくわかりませんが、オールインワンのソリューションみたいなので少し勉強してみようかと思っているところです。

 

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。