なぜ日本中の池や湖にスワンボードがある?|チコちゃんより

なぜ日本中の池や湖にスワンボードがある?|チコちゃんより

なぜ日本中の池や湖にスワンボードがある?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

良夫がしっぽをつけたから~

スワンボードを生み出したのは、砂賀良夫さん。

日本の池や湖はスワンボードであふれている。

開発に挑んだのは白鳥に魅せられた町工場の若手専務。

昭和49年、第二次ベビーブーム。

家族で楽しめるレジャーボードは大盛況だった。

子どもたちが喜ぶボードづくりに励んでいた。

当時はエンジン付きのモーターボードを製作していた。

当時はてこぎボードに加え、免許がなくても乗れた小型のエンジン付きのボードが人気だった。

5トン未満の船は船舶免許の対象外(趣味やレジャーを目的として利用する場合)。

子どもたちは夢中になった。

しかし、事故が後を絶たず、昭和49年船舶職員法改正。

水辺からエンジン付きのボードが消え、人がまばらになった。

これでは商売にならない。

陸上では観光施設でサイクリング・自転車が盛んだった。

ボートにも足で遊べるものをということで「足こぎボート」という製品を造った。

昭和50年、足こぎボート誕生。

しかし、デザインが地味だった。売れない。

子どもが親しめるデザインで商品化できないか?

会社の近くにある群馬県にある多々良(たたら)沼に向かった。

白鳥が飛んできた。

「これだ!」

真っ白なイメージでそれがすばらしく見えたんです。

昭和56年、スワンボート誕生。

でも売れない…。

多々良沼に何度も通い白鳥を見続けた。

苦節2年。昭和58年、2代目スワンボート。

良夫さんはスワンにシッポを付けた。

売れた。

スポンサーリンク





PM2.5・花粉・ウイルス対策に【レンタル空気清浄機】

日本中に白鳥が舞い降りた。

後ろ側にしっぽのデザインをつけたら、それで評判が良くなった。

それから子どもや家族連れが「あのスワンに乗りたい」という声が出て、注文が2、3ケ月待ちになった。

ただただしっぽをつけただけだった。

更に、パンダ、コアラも売れた。

白鳥はでっかくなった。

スワンボート誕生から40年。

多様化した今でも当時と変わらず、スワンボートはひっそりと、一つ一つ手作りされている。

  

ということで・・・
なぜ日本中の池や湖にスワンボードがある?

良夫がしっぽをつけたから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク





日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
PM2.5・花粉・ウイルス対策に【レンタル空気清浄機】