始球式で空振りするようになったのは?|チコちゃんより

チコちゃん

始球式で空振りするようになった?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

大隈重信が偉すぎたから~

始球式自体はアメリカから伝わったもの。

客席からグランドに向け球を投げるというスタイル。

アメリカでは空振りをするどころか、バッターが打席にさえ立っていなかった。

実は始球式で空振りをするというものは、日本に野球が伝わったのは明治5年頃。

日本の野球の発展に大きく貢献したのは、、当時アメリカ遠征なども行っていた、早稲田大学野球部でした。

アメリカ遠征の中で「始球式というものがある」と知り、「日本でもやってみよう」ということになった。

明治41年。

アメリカ野球選抜チーム「リーチ・オール・アメリカンズ」が来日。

日本のチームが対戦することになった。

その記念すべき第1戦は早稲田大学野球部でした。

早稲田大学野球部が第1戦目。

アメリカ職業野球選手の日本初試合。

記念として、日本初の始球式を行うことになった。

始球式にふさわしい人物「大隈重信」。

大隈は、内閣総理大臣も務めたまさに政界の重鎮。

その大物が日本初の始球式で投げることになったのです。

当時の早稲田大学野球部主将が打線に立つことに。

大隈がグラウンドへ足を踏み入れた。

その時の大隈は、野球帽をかぶり、ご機嫌な様子がうかがえた。

マウンドから投げる始球式は恐らく世界初。

投げるのは誰もが尊敬するあの大隈重信。

しかし大隈はピッチャーがどのように投げるのか、ほとんど知らなかったのかもしれません。

なんと!転がしたんだ!

キャッチャーに届くことなく、止まってしまったボール。

この状況に会場の空気も凍りつきました。

静寂な中、アメリカチームのキャッチャーが、判定がボールになってしまう。

大隈先生に恥をかかせてはいけない、自分しかいないと思った主将は、空振りをして、大隈のメンツを保った。

その場は拍手喝采。

これがどんな球がきても空振りをするという、日本の始球式の始まりとなったのです。

  

ということで・・・
始球式で空振りするようになった?

大隈重信が偉すぎたから~~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク





コメントを残す


CAPTCHA