扇風機にアーと言うと変な声に聞こえるのは?|チコちゃんより

チコちゃん

扇風機にアーと言うと変な声に聞こえるのは?

スポンサーリンク






かし、チコちゃんは知っています。

扇風機の風に声が当たったり通り抜けたりするから〜。

教えてくれるのは音響分析のスペシャリスト
鈴木創さん

自分が発している声に加え扇風機の羽根に当たって返ってくる声もほぼ同時に聞こえている。

私たちが声を出すと音波は同心円状に広がり耳の鼓膜に届いている。

耳の鼓膜を揺らすため人間は音を感知しているのです。

この音波はものに当たると跳ね返ってくるという性質があります。

例えばお風呂場のような狭い場所で声を出すと、よく響いて大きく聞こえますよね。

これは近くにあるお風呂場の壁に声の音波がぶつかり跳ね返って聞こえているため。

なぜ扇風機に声を出すと変な声に聞こえる?

扇風機に向かって声を出すと、扇風機の羽根にぶつかってかえってくる声と羽根と羽根の間を通り抜けていってしまう声、この2つに分かれるからなんです。

声が2つに分かれるとは?

実際に壁に向かって声を出した時と扇風機に声を出す、周波数を分析し比較。

人の耳に聞こえやすいという2800~3500Hzに注目。

壁に声を出した時は声の成分が安定し変化はなし。

一方扇風機に向かって声を出した場合は、大きい音を表すのと、小さい音を表すものが交互になり2つに分かれている。

羽根に当たり帰ってきた声と通り抜けた声がほぼ同時に聞こえる。

  

ということで・・・
扇風機にアーと言うと変な声に聞こえるのは?

扇風機の風に声が当たったり通り抜けたりするから〜。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA