なんでかき氷の旗は同じデザインなの?|チコちゃんより

チコちゃん

なんでかき氷の旗は同じデザインなの?

スポンサーリンク






かし、チコちゃんは知っています。

営業許可証だったから~

この旗は氷旗というんですけど、販売を許可された業者が許可証として、店先に掲げるルールがあった。

今でも全国に掲げられているのは、当時の名残なんです。

しかし、この旗「かき氷」ではなく、「」。

氷旗は厳密に言うと、かき氷ではなく氷そのものの販売を許す許可証

許可証が交付された当時、氷は貴重で扱うのに許可が必要だった。

なぜ、かき氷屋さんに氷旗が掲げられるのか?

多分、冷蔵庫とかもない時代。

氷の歴史について、氷は古くから日本でも利用されていました。

平安時代に清少納言が書いた「枕草子」にはかき氷について書かれた文章も残っています。

そこには「削った氷に甘味料をかけ、新しい金属製のわんに入れたものはとても上品である」と書かれています。

清少納言と言えば、当時の上流階級。

そんな彼女さえもありたがって食べていることから、いかに氷が貴重だったか。ということがうかがえます。

江戸時代に入ると、徳川家康は夏場に雪や氷を富士山から運ばせていた。

貴重な氷はお氷様とよばれ、江戸の庶民にはふれることも出来なかった。

暑い季節に冷気を感じ取ることができる氷は、限られた人だけにぜいたく品。

氷の使い方に変化が起きたのは、江戸時代末期、当時横浜に住んでいた外国人たちが氷を求め始めたのです。

外国人医師が解熱ややけど治療に使うためだったと言われています。

しかし、当時の日本には庶民が気軽に使える氷はない。

そこで、アメリカ、ボストンから氷を輸入。

船でも輸送中に氷が溶けないようブロックの氷の周りに、木材やおがくずを敷き詰めていた。

積み込んだ氷の約55%を運ぶことが出来た。

アメリカのボストンからおよそ1万5000㎞、期間が6ケ月。

現在の30万円以上もしたと言われています。

氷は非常に高価なもの。かき氷にするなど出来なかった。

かき氷ほど手軽に氷が使えるようになったのは、明治時代に入ってからと言われています。

そのきっかけとなったのが、中川嘉兵衛

外国人が高価な輸入氷を使っていると知った中川は…。

安い氷を普及させるプロジェクトを開始。

山梨県の富士山ろくから氷の採掘をスタート。

より良い場所を求め、日本列島を北上。

しかし、一番の問題は輸送手段。

陸路や航路を整備するには、時間・費用がかかり採算が取れない。

中川が目をつけたのが、北海道函館。

函館港はもともと大型蒸気船の定期便があり、輸送費用を抑えて採算が取れた。

スポンサーリンク



最後にだどり着いたのは五稜郭

当時五稜郭の外堀は清流亀田川から水を引き入れていたため、気泡など不純物の少ない透明な水が出来、さらに北海道の気候のお蔭で厚みのある氷ができた。

明治4年、670トンの氷を切り出す。函館氷として商品化

安価な函館氷は全国展開。

庶民もかき氷が食べられるようになった。

中川の成功を見て、氷の販売は儲かるとわかると、全国的にマネをするものが続出したんです。

不衛生な氷を売るふとどき者が出てくるんです。

当時政府のトップだった伊藤博文は新聞で不衛生な氷の製造販売を取り締まると発表。

政府は衛生検査を導入し、この「氷」と書かれた旗が許可証だったのです。

当時の旗をよく見ると、氷の下には「産地」が書かれ上には「官許」の文字が。

これこそが政府が営業を許可したことの証し。

そして日本中のかき氷屋さんは仕入れ先の許可証を掲げ、うちの氷は安全だという目印にしたのです。

 その名残が今も全国のかき氷屋さんに残っているのです。 

  

ということで・・・
なんでかき氷の旗は同じデザインなの?

営業許可証だったから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA