雨のニオイってなに?|チコちゃんより

チコちゃん

雨のニオイってなに?

スポンサーリンク






かし、チコちゃんは知っています。

微生物のオナラのニオイ〜!。

通常一般的に言われているのは、明らかに化学物質が存在していて、その中でも「ゲオスミン」といいう独特のニオイ物質が存在するんですね。

雨のニオイは「ペトリコール」とも呼ばれています。

さまざまなニオイが混ざって出来ていて、中でもゲオスミンという物質が雨のニオイの主な原因だと言われています。

ゲオスミンは「大地のニオイ」を意味する名前を持った化学物質。

一般的に下水道からにおうカビ臭やコイやナマズなどの淡水魚が持つ泥臭いニオイの原因物質と言われています。

スポンサーリンク



ゲオスミンはどのようにして発生する?

通常一般的に言われているのは放線菌という、これは土中の中にいっぱい存在している最近ですね。

その細菌がいろいろな栄養素を食料として自分の体の中に取り入れる。

いらないものを体の外に出す。

すなわち排泄をするということ。

そしてその排泄の中にゲオスミンという化学物質が含まれる。

人で例えればオナラをする。

実は土の中には細菌が排泄物として出したゲオスミンなどの化学物質が含まれています。

土の上に雨が降り注ぐとエアロゾル現象というものが起こる。

エアロゾル=空気中に浮遊する液体・固体の微粒子

例えばスプレーの霧やタバコの煙、黄砂などもエアロゾルの一種です。

雨が地表に落下すると、空中にはいくつものエアロゾルが発生します。

この時土の隙間に入り込んだ水がゲオスミンを含む土の微粒子を取り込み、それがエアロゾルとなって大気中に舞うことで、あの独特な雨のニオイを私たちの鼻へと届けているのです。

雨のニオイを強く感じる場所は?

①アスファルトより土が多い
②適度な草木があり土が露出
③土がかき回されていない

これらの条件がそろう場所として例えば、近所の空き地などが想定されます。

  

ということで・・・
雨のニオイってなに?

微生物のオナラのニオイ〜!。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA