にらめっこってなに?|チコちゃんより 

チコちゃん

にらめっこってなに?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

戦に勝つための訓練〜。

関西大学文学部 名誉教授
藤田真一さん

にらっめこは、平安時代の終わりごろに始まった。

にらめっこではなくて、目競(めくらべ)と言っていた。

元祖にらめっこマスターと言っても過言ではないのが平清盛

当時の平家の繁栄を描いた「平家物語」の一部を後に分かりやすく絵にした書物を見てみると…。

目競(めくらべ)」と書いてあります。

これは平清盛が骸骨をにらみつけ目力で退治したという話。

目競(めくらべ)
武士同士の真剣勝負

にらみつける→ にらみっこ  にらめっこ になった。

なぜ武士は目競をした?

日本人はもともとシャイ。

人と人が正面きって対面するのは苦手。

というふうにも考えられています。

ところが戦の場合は…。

目をそらすと言うことは、もうすでにその段階で負けを意味することになります。

戦に負けないため→敵を正面から見る訓練だったと思われます。

では、いつごろから現代のように笑ったら、負けに変わったの?

鎌倉時代、にらみ合う要素を残しつつ、相手を笑わせるという遊びが入ってくる。

教科書にも載っている、ウサギやカエルが人間のように遊ぶ様子を描いた国宝「鳥獣人物戯画」。

この絵巻には目競をしているシーンが描かれています。

向き合う二人はにらみ合わずに、とぼけた顔をしています。

そして周りの人は…。大爆笑

なぜ武士の訓練だった「目競」が遊びとして行われるようなったのでしょうか。

鎌倉時代になると、源平の合戦の時代から平和な時代に移っていきます。

そうすると…。

人間の気持ちも和らいで遊びというゆとりが出来てくる。

そして江戸時代になると…。

達磨さんのわらべ歌わらべ歌が流行した。

達磨大師は仏道修行のため9年間笑わなかったことから・・・

達磨大師を笑わせたら戦に勝ったと同じ・・・。

ちなみに海外にもにらっめこってあるんです。

  

ということで・・・
にらめっこってなに?

戦に勝つための訓練〜。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA