大航海時代無人島だけが果たした役割とは?|初耳学より

初耳学

大航海時代無人島だけが果たした役割とは?

スポンサーリンク



大航海時代の冒険家や海賊にとって
無人島だけが果たした役割とは?

海賊船

大航海時代(だいこうかいじだい)とは
ヨーロッパ人がアフリカ・アジア・アメリカ大陸への大規模な航海が行われた時代。15世紀半ばから17世紀半ばまで続き、主にポルトガルとスペインにより行われた。
ウィキペディアより

林先生 今と違ってその・・・。

航海のとき機器がない(無人島が)貴重な目印代わりとなって使っていた。

林先生その説明・・・。

全然違います・・・。

正解は

食料確保のため、ヤギやウサギを無人島に放った。


海賊たちはヤギやウサギを船の中につがいで飼っていて、無人島見つけたら放つ。

ロイ なんでですか?

山田教授 草があるでしょ。

ヤギもウサギも草を食べてどんどん増えていく。

次来たとき餌(食料)になる動物がいる。

ロイ 頭イイですね。

林先生 賢いなぁ。


番組公式ページへ

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA