縄文から平安時代にいたる遺物|八幡平市松尾・長者屋敷遺跡

まずは八幡平市博物館へ

八幡平市博物館に初めて行きました。思ってた以上に内容も充実していて縄文土器類から近代までの展示があり、特に遮光器土偶の頭の後ろが大きく空いている土偶には驚いた。

今まで見てきた遮光器土偶と違い、痩せ形でなんといっても頭の後ろが口を開いたように大きくあいている。

ネットでググったらありました。
なんと! 上半身と下半身が59年振りの再会したとか。

八幡平市博物館のは上半身と下半身はくっついていました。逢えてよかったですね。


引用 モリリンチョ その激しくも愉快な日々 

スポンサーリンク






博物館で興味深いビラを発見!

長者屋敷と言えば小さい頃畑に連れられ土器を見つけて遊んだものだ。
そこが遺跡範囲240,000平方メートル以上の一部になっていたのだ。

そして、なぜここに長者屋敷遺跡のビラが? なにかに導かれてのことか? 不思議だった。

長嶺神社

長者屋敷・長嶺神社

長者屋敷清水

長者屋敷清水

【関連記事】

いわての名水|長者屋敷清水とその歴史(八幡平市)

八幡平市松尾・長者屋敷遺跡

 ━長者の清水とともに生きた歴史

今回の企画展は昭和53・54年度調査出土資料と初公開となる令和元年度発掘調査出土資料を取り上げ、湧水「長者の清水」とともに生きた人々の歴史を紹介します。

令和2年10月6日➡12月8日

 八幡平市博物館に於いて八幡平市松尾・長者屋敷遺跡展が始まります。

長者屋敷遺跡チラシ

長者の清水とともに生きた歴史と題して縄文から平安時代にいたる歴史を紹介します。

展示解説会

日時/10月25日(日)〜
   11月22日(日)
13:30〜14:00予約不要

東北文化の日

日時/10月31日(土)〜
   11月1日(日)
入館無料

八幡平市博物館map

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA