「にんげんだもの」詩の魅力