「山の上三太夫」の伝説