林先生が驚いた初耳学|カレーが日本の国民食になったきっかけは・・・食品偽装事件だっ

カレーが日本の国民食になったきっかけは・・・食品偽装事件だった

スポンサーリンク




林先生、知ってますか?

日本人ひとりあたりが年間カレーを食べる回数

平均73回

まさに国民食

しかし・・・

カレーが日本の国民食になったきっかけは・・・

食品偽装事件

林先生 知ってた。

日本人にカレーが広まったのは・・・

元々カレーは軍隊の食事。

戦争から帰った人たちが、農村に帰って作り方を伝えた。

そこが国民食になった理由ですから。

ダメダメダメ
食品偽装は関係ありません。

ということは、林先生全然違うので、初耳学に認定です。

では、カレーを日本に広めた、食品偽装事件。

裏にモノ作りをめぐる日本人の思いが。

当時の日本では、昭和初期、カレーは高級料理の一つ。
めったに庶民の口には入らない・・・

イギリスのC&B社の高級カレー粉が主に使われていた。

高額にもかかわらずC&B社カレー粉が圧倒的シェア。

もちろん国産カレー粉も販売していたが・・・

C&B社の2/3の価格でも国産カレー粉は売れませんでした。

スポンサーリンク





1931年
ところがある事件が。

初耳ポイント
密造団がC&B社の缶に安い国産のカレー粉を詰め販売。

するという食品偽装事件が発覚。
C&B社のカレー粉は流通ストップ。

この事態は思わぬ展開に。

コックたちが仕方なく国産のカレー粉で作ると・・・

あれ? 国産でも美味しい。

当時から日本の食品メーカー技術は非常に高くてC&B社のカレー粉を真似て作った、海外産と遜色のない味を。

つまり、偽装事件により、国産カレーが「安くて美味しい」と日本中に知れ渡ったのです。

手頃な値段で食べれるようになると、カレーライスは人気が爆発。

日本の国民食へと成長していったのです。

ということで、

カレーが国民食になったのは、食品偽装事件で、国産の品質が認められたため。

  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

コメントを残す


CAPTCHA