夏の睡眠の質を上げる方法(スタンフォード式)|世界一受けたい授業より

バラエティー

夏の睡眠の質を上げる方法(スタンフォード式)

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

スタンフォード大学
  西野精治 先生

そもそも睡眠には深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があります。

浅いレム睡眠の時はまぶたを閉じていても実は目が動いていて・・・。

一方脳がしっかり休めているのがノンレム睡眠。

最初のノンレム睡眠の谷をいかに深くするかが質の高い睡眠のためには重要なので、この部分を黄金の90分と呼ぶのです。

始めの90分眠りが深いと体調も目覚めも良くなる。

さらに成長ホルモンが分泌され美肌効果につながる。

始めの90分の眠りをより深くするためには、入浴がいいという。

質の高い睡眠には体温を下げることが大切で一度お風呂に入るとはじめは体温が上がるが、およそ90分後には入らないより体温が下がる。

40℃の湯に10分浸かると効果が期待できます。

夏の睡眠の質を上げる方法①

寝る30分前からエアコンで室温を下げておく。

直接風を当てなければ大丈夫なそうだ。

そして1~2時間後に切タイマーをセット。

目安24~28℃

夏の睡眠の質を上げる方法②

もう一つ有効なのは?

枕も冷やす。

冷却材や保冷剤を薄手のタオルで巻いて枕の上に置いておくだけ。

30分置いたら外す。

ただし耳から下を冷やすと逆に眠れなくなるそうなので耳から上を。冷やすようにしましょう。

【Dr.Wolf】公式サイトはコチラ

それでも寝付けないという人は。

最後の手段
夏の睡眠の質を上げる方法③

スタンフォード式
「筋弛緩ストレッチ」

筋弛緩ストレッチとは・・

おもいっきり力を入れる➡一気に力を抜く

という動きを繰り返すことで・・・。

体の緊張をほぐしてリラックスさせる。

寝付きに平均60分以上かかっていた不眠症患者がこの運動を取り入れたところ、半分以下の時間で寝付けるようになったとの報告もあるのです。

スポンサーリンク




筋弛緩ストレッチ①肩

椅子に座ったまま両肩をぐっと上げ耳まで近づけて力をいれます。

そのまま10秒キープ

そして力を抜く

15秒休む

これを3回繰り返すと効果的です。

肩の緊張をほぐすことで上半身の血流も良くなり良い睡眠につながる。

筋弛緩ストレッチ②脚

あしの上側の筋肉に力を入れます。

そのまま10秒キープ

脚を下ろす

15秒休む。

これも3回繰り返す

脚には大きな筋肉があるので全身の血流を良くする。

筋弛緩ストレッチ③顔

顔全体を中心に集めるように。

そのまま10秒キープ

もとに戻す

15秒休む

これも3回繰り返す

現代人は目の周りの筋肉が凝りかたまりがち。

顔もリラックスさせるとより睡眠の質が上がる。

鬼龍院さんもひどい睡眠障害だったがある動画を見ることで30分ぐらいで寝られたそうです。

それは・・・焚き火の動画

炎のゆらぎは1/fゆらぎだそうで、美空ひばりさんや宇多田ヒカルさんの歌と同じゆらぎがあるのでリラックスできるということです。

おためしあれ。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

コメントを残す


CAPTCHA