大人になるとあっという間に1年が過ぎるのはなぜ?|チコちゃんに叱られるより

大人になるとあっという間に1年が過ぎるのはなぜ?|チコちゃんに叱られるより

大人になるとあっという間に1年が過ぎるのはなぜ?

スポンサーリンク




人生にトキメキがなくなったから~

しかし、チコちゃんは知っています。

時間のスペシャリストにインタビュー。

大人になるほど1年があっという間に過ぎるのは、心がどのくらい動いているか、トキメキをどのくらい感じるかで変わる。

例えば子どもと大人の食事を比べてみると、関係が分かる。

子どもの食事はハンバーグが出ると「おいしい!」「でもハンバーグってどうやって作るのかな?」「このニンジンは?」…となる。

子どもは食事のなかでも「発見」や「疑問」や「驚き」など沢山のトキメキがある。

それに対して大人は「今日のごはんは…ハンバーグか…」「ごちそうさまでした」

と大人は「ただ食事をする」だけ。

見慣れた料理を食べるという作業をただこなすだけ。

子ども→食事の中に色々ある→長く感じる

大人→食事をしただけ→短く感じる

生活の中で「トキメキ」の数が多いか少ないかが、時間がゆっくり過ぎるか、早く過ぎるかの違いを生み出している。

子どもは学校の行事などで新しい体験→一つ一つの出来事を認識をする→トキメキが多い

大人は同じ作業で印象に残らない→トキメキが少ない

19歳を超えると、時間が早く過ぎるように感じる。

徐々に人生からトキメキが失われていき、大人の階段を登り始める。

その時間を取り戻したのなら「子どもと一緒に行動をすること」であのころの感覚を取り戻せるかもしれない。

ということで

大人になるとあっという間に1年が過ぎるのはなぜ・・・
人生にトキメキがなくなったから

★確かにあっという間に1年が過ぎるし、ついつい言葉に出してしまう。でも私は食べることが好きなので、食べ物に関してはトキメキはいつもある。これからは生活の中に一つはときめくものを見つけたいものだ。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!