ほっともっとのカットステーキ重VSほっかほっか亭のビーフ焼肉弁当

ほっともっとのカットステーキ重VSほっかほっか亭のビーフ焼肉弁当

ほっかほっか亭の「ビーフ焼肉弁当」

スポンサーリンク




お弁当と言えば、家の近くにあるせいか「ほっかほっか亭」と「ほっともっと」が思いつく。

ほっかほっか亭は、まずご飯とお味噌汁が美味しい。

ご飯は炊き加減もよく、いつも同じ状態で満足している。

お味噌汁は、家の味。具が毎日違う。

そして注文するカウンターに行くと、その店舗ならではの、お総菜が並ぶ。

日によって違うが「肉じゃが」「オムライス」「スパゲティ」など、量は少量だが、お弁当の他にもう一品欲しいときはオススメだ。

そのお総菜のみを買って帰るお客さんもいる。

私は、結構仕事で疲れた時は利用している。

そのほっかほっか亭は、毎月1日に新メニューが登場する。

新メニュー登場

9月は「ビーフ焼肉弁当」と「かきほたて丼」。

早速「ビーフ焼肉弁当」680円を食べてみた。

綺麗に盛り付けられ、お肉は結構入っている。

お肉は、牛ハラミ肉を使用しているとのこと。

味は和風よりは韓国系の味。

信州・西京・八丁の味噌とにんにく・玉ねぎ・生姜の香味野菜でコクと風味のある味噌だれで味付けしているそうだ。

そして別についてくるソースは、焼き肉ビビンバ丼についてくる「コチュジャン」。

かけなくても十分な味付けだが、さらにかけると、ますます韓国系。

甘辛いソースがご飯を進ませる。

お肉の隣にはキムチ、キャベツの千切り、半分のゆでたまごが一緒にご飯の上にのっている。

お肉は、噛みごたえがあるが、堅い訳ではなく、お肉という、感じで良い。

スポンサーリンク

ほっかほっか亭「ビーフ焼肉弁当」VSほっともっと「カットステーキ重」

ほっともっとのカットステーキ重と比べてみた。

ほっともっとは和風で女性が食べるステーキ。

ほっかほっか亭は、味にバンチがあり、夏向きの男性が食べるステーキという感じ。

ビーフ焼肉弁当

どちらも味が違うので、美味しい。

私は、どちらかといえば、このお弁当に関しては、ほっともっとに軍配があがる。

でも、ひとつ引っ掛かることとしては、ご飯。

少し柔らかいので、ほっかほっか亭のご飯に、ほっともっとのステーキが合体したら、もう完璧だ。

でも、どちらも美味しい。

出来立てご飯に感謝!

スーパーのお弁当は、やはり作りたてではない分、ほっともっとやほっかほっか亭はいつも温かいものを提供してくれるので、ありがたい。

ほっともっとのカットステーキ重に出会う前は、ほっかほっか亭をよく利用していた。

お弁当の美味しさもあるが、店員さんのお母さん達の人柄がより一層美味しくしてくれている。

感謝だな。

ほっともっとも新商品「カルビ焼肉弁当」が出たようなので、いつか食べてみよう。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。