何だコレ!?ミステリー|原田龍二の座敷わらし調査 第8弾

何だコレ!?ミステリー|原田龍二の座敷わらし調査 第8弾

フジテレビ 何だコレ!?ミステリー、原田龍二の座敷わらし調査 第8弾

スポンサーリンク




座敷わらしさんは、幼くして亡くなった子供の霊だと思うが、心は純粋で清らかだと思う。

昔聞いたことがあるが、水子の霊は、その容姿は何十年に一度しか、年を取らないらしい。

座敷わらしさんも実は、何百年も年を取っているのかもしれない。

だからこそ、不思議な力も持っているのだろうか?

狐は500年で、霊格が一段上がるという。

始めは〝狐〟から〝管狐(くだきつね)〟→〝飯綱狐(いいづなきつね)〟→〝白狐(びゃっこ)〟→〝銀狐(ぎんこ)〟→〝金狐(きんこ)〟→〝天狐(てんこ)〟と霊格が上がるらしい。

もはや〝天狐〟になると、目には見えない存在となるらしい。

座敷わらしさんも人を幸せにするということは、それなりの霊格を備えているのではないだろうか。

原田龍二の座敷わらし調査 第8弾

鹿児島宿泊客に幸運が訪れる。
噂の旅館にお泊りで・・・数々の異変

超穴場、そうなんですね。

本当に穴場なんで、行くでしょ。

出会えたら幸せになれる。

鹿児島県 吹上町

吹上温泉にその宿はあるという。

ここが座敷わらしがいると噂される中島温泉旅館。

約400年近い歴史で、西郷隆盛もここの温泉に通ったという。

ここは、出世したり幸運を掴んだり、不思議な部屋。

その部屋を見せてもらうと、シンプル。人形一つ無いです。コタツがある。

今回は特別に貸し切り。

というわけで、午後8時

お泊り開始。

原田 東京から来ました。
原田と申します。
よろしくお願いします。

いつものように。座敷わらし様におもちゃを用意

午後10時23分。
するといきなり異変が訪れる。それは、廊下で起こった。

誰もいないのになぜかセンサーライトがついた。

入ってきた?

原田も気づいた様子。

原田 ここに来ないとこのライトはつかないはずなのに・・・
座敷わらしさんいらっしやいますか?

午前2時18分

さらに異変は続く・・・

部屋から音が鳴る。
ガタン、ゴトン、ガタガタ

そして・・・

いらっしゃってるのかな?

部屋にあった風船が突然割れる。(パンっ)

びっくりした!
来たね。

2日目
午後10時25分

座敷わらしさん、しりとりしましょうか。

じゃあ僕からいきます。

しりとりを始めた原田。

原田 座敷わらし
   しっぽ
   ポップス・・・

再びセンサーライトが反応する。

原田 ストーブ
   ぶ・・・ぶ・・・?

さらに・・・

原田 つ、月。
   きですよ・・「き」

ふすまに影のようなものが・・・
座敷わらしのイメージ

大久保 すごい!

また、このパターンや。
ひょこりはんや

こんなことないですもんね、影で。

原田
 胸騒ぎ、ギロチン
一人で負けた!

そんなことある?

これまで行った、東北の座敷わらしは、恥ずかしがり屋のイメージ。

今回こちらのわらしさんは直球でくる感じがしましたよね。

また、お会いしましょう。

まとめ

原田さんは、東北の座敷わらしさんは、恥ずかしがり屋のイメージと言っていたが、やはり、無口で恥ずかしがり屋の東北人なんだと思った。

東北の人は無口というが、それはあまりにも寒くて、会話がだんだん短くなるのが影響しているのかも。

私のことを〝わ〟。食べるは〝く〟。食べろは〝け〟などといったような感じだ。

すべて短縮される。

個人的だが、座敷わらしは、岩手の緑風荘しか現れないものと思っていた。

これから、もっと東北以外の座敷わらしさんも見てみたいものだ。

何だコレ!?ミステリー|原田龍二の座敷わらし調査 山形編


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク